1Dayレッスン

11月17日(月)に熊谷市のまこと幼稚園のPTAの皆さんと
カルトナージュの1Dayレッスンを開催致します。

お話をいただいたのは一ヶ月以上前。

大勢の方の参加の申し込みがあったと
連絡をいただきました。

ありがとうございます。

パリで購入した布を使って
「リボントレー」を作ります。
e0154202_131622.jpg

前もって
少しずつ用意をして置こうと思っていたキット。

が・・・怠け者なのと・・・
想像以上の参加人数に
今頃になって焦っています。
e0154202_12154100.jpg

e0154202_121539.jpg

徹夜の夜が続きそうです。

布は何種類かを用意して行く予定です。
皆さんが気に入ってくださると良いのですが・・・。
e0154202_136721.jpg

# by atelierplume | 2008-11-12 01:37 | カルトナージュ

フランス額装

額装を習い始めてから
1年以上が経ちました。

月日の流れは速いですね。

レッスンは月に2回。
群馬県桐生市の「アトリエ月」に
一時間以上を掛けて通っています。

熱しやすく冷めやすい。

「熱中しては飽きる」の繰り返しの私ですが
カルトナージュと額装を
やめたいと思ったことは一度もありません。(今のところ)

先日、桐生の織物参考館「紫」の織倉で
「アトリエ月」の作品展が開催されました。

テーマは「ポストカード」。

先生が才能がおありになるので
素晴らしい作品の数々が展示されました。

都内まで通わなくても
素晴らしい先生がいらっしゃるのは
有難いことです。

私もそんなふうに言ってもらえるように
なりたいと思っていますが・・・難しい。

簡単な作品ばかりですが
4点を展示させていただきました。

150円くらいで購入したポストカードが
世界にひとつの宝物の額になります。
e0154202_0465173.jpg


作品展の会場になった倉は
桐生の大きな機屋さんの倉です。

そこの奥様と一緒に額装を習っています。

その奥様がご親切に
参考館を案内して下さいました。

桐生の隣は足利尊氏で有名な足利。
桐生は昔から織物を献上していたそうです。

古い機織り機が何台も置いてあります。
e0154202_162930.jpg

e0154202_17504.jpg


シルク。
繭からできます。

初めて知ったのですが
繭を煮て糸をとるそうです・・・。
e0154202_1103466.jpg

e0154202_114440.jpg

e0154202_1144623.jpg


フランスで発明された
ジャガード織の機織り機などもありましたよ。

藍染のハンカチの作成も体験できます。
e0154202_119328.jpg

e0154202_11954100.jpg

体験していた方の作品。
e0154202_1205733.jpg

結構、楽しめますよ。


後で思い出したことがひとつ・・・。

カルトナージュとは

「フランスでシルク産業が盛んなころ
蚕と繭を入れるために作られた箱が
始まりと言われている」

カルトナージュの講師なのに
見学中は全く思い出さないまま。

家に帰って気づきました。

蚕と繭に縁があるようです。

熊谷市 カルトナージュ アトリエプリュム フランス額装
# by atelierplume | 2008-11-08 01:30 | フランス額装

私のこと

Atelier Plume(アトリエ プリュム)の講師です。

アトリエ プリュムのPlumeはフランス語で羽根。
憧れのエルメスのバックの名前でもあります。

海外旅行が大好きで
今までに行った国は25カ国。

都市では・・・どのくらいでしょうか・・・
数えたことがありません。

渡航回数も数えたことがないのですが
50回くらいだと思います。

豪華客船での世界一周旅行が夢。

お金で買える夢ですが・・・
お金がないと叶わない夢でもあります。

宝くじでも買えば良いのかもしれませんが
今まで一度も宝くじを買ったことがありません。

夢は夢で終わりそうです。

話が脱線しましたが

今までに行った中で一番好きなところはハワイ。

青い空と青い海、住んでいる人たちも
観光客の人たちもニコニコと幸せそうな顔。

楽園です。

その大好きなハワイよりも
多く行っているのがフランス。

私が教えている
「フランス伝統工芸 カルトナージュ」

カルトナージュを始めたきっかけを
生徒さん達によく聞かれます。

フランス、アメリカなどから図案や材料を
取り寄せるほどクロスステッチが好きです。

そのクロスステッチを箱やノートカバーにできたら
「素敵だな~」と思い、興味を持ちました。

実際にレッスンを受けてみると
小学生の頃の工作の時間のような・・・
不思議な魅力があります。

布合わせ、柄合わせは
洋服を選ぶ時と似ています。
(自分の中で)

カルトナージュは
思ったよりもず~っと難しかったのですが
より一層、興味深いものになりました。

まだまだ世間に知られていないカルトナージュを
一人でも多くの方に楽しんでもらいたいと思っています。

e0154202_002875.jpg


熊谷市 カルトナージュ アトリエプリュム
# by atelierplume | 2008-11-08 00:00 | はじめまして