フランス布

先日のパリで購入した
フランスの布を販売致します。

美しく魅力的なToile de Jouyは
特にお勧めです。

Toile de Jouy美術館
e0154202_21435178.jpg

e0154202_21442243.jpg

Toile de Jouyとは
e0154202_21432246.jpg

クリストフ・フィリップ・オベルカンフは
パリやヴェルサイユから数キロ程離れた
清流に近いジュイ・オン・ジョザス村に
製作所を作りました。

この製作所で作られる生地のモチーフの種類はとても多く
模様化された花や植物、ひし形、円形、ストライプなどの他
人物もありました。

人物の模様の中にも多くの種類があり
有名な田園風景に加えて、神話、文学
その時代の出来事に着想を得た生地なども
作られていました。

当時(18~19世紀)は
このオベルカンフ製作所で作られた柄の綿織物全般を
Toile de Jouyと呼んでいました。

当時もToile de Jouyは服地と同じように
インテリア用生地としても使われていました。

開かれて間もなくオベルカンフ製作所は成功し
ヴェルサイユ宮殿に製品を納めるようにまでなりました。

王族、貴族の御用達となったオベルカンフ製作所ですが
フランス王妃、マリー・アントワネットも
何度もこの製作所に直接足を運ぶほど
Toile de Jouyに魅了されていた一人でした。

19世紀にこの製作所は閉められ、
現在、ジュイ・オン・ジョザスの町では布製造はされておりませんが
製作所の跡地の一部分に、トワル・ド・ジュイ美術館が建っています。
e0154202_21491815.jpg

by atelierplume | 2009-01-21 21:49 | カルトナージュ